子どもや高齢者にも心強い保存食「アルファ米」!

もしもの時のために備えよう

アルファ米毎年のように発生する台風による水害や、数年に一度訪れる大規模な地震など、日々の生活の中で様々な災害が発生していることは、日本に住んでいる人であれば誰もが認識しています。そして、万が一の事態に備え、様々な対応を行っていることと思われます。そうした一般家庭における災害の備えとして、真っ先に取り組まれる事が多い内容は、「飲料水及び非常食料の確保」でしょう。何をするにも、まず水や食事を取らなければ生きていけません。

非常食に「ご飯」もある!?

かつて非常食の代名詞といえば「乾パン」や「缶詰」でした。調理の必要やショックの準備が無く、また常温で長期保存が可能なこれらの食品は、電気やガス、水道といったインフラが停止しても飲食が可能である為、日本における非常時の食料として公共施設から家庭にいたるまで広く普及しています。また、近年はこれらに加え、キャンプや登山など、主にアウトドアレジャーの場で利用されている「レトルトのご飯(米)」に注目が集まっています。日本人の主食である「米」に対するニーズは非常に高く、災害時においても「パンよりも米が食べたい」という声は大きいものです。

『アルファ米』日常食でも、非常食でも使える

米飯系のレトルト食品には様々な種類がありますが、手軽さと保存性を考えると「アルファ米」の製品が非常用の有力候補でしょう。
一度炊き上げたご飯を乾燥させる事によって出来るアルファ米は、水や熱湯を加えることにより再度炊き上がりに近い、ふっくらとした食感を取り戻します。煮炊きをせずとも日常の「ご飯」に近いものが食べられるという点が高く評価され、アルファ米を使用した製品は、非常用保存食として大いに利用されています。特定原材料(アレルギー物質)を除いて作られた商品も多く存在しており、小麦や卵といったアレルギーを持つ被災者にとっても心強い見方になっています。また、高齢者や幼児を抱える家庭で、調理に時間を取ることが難しい場合に手軽に出せる食事としての人気もあり、アルファ米は日常的なレトルト食品としても人気を高めています。

災害という非日常において、日常的な食べ物を手に入れることによる精神的な安心感は、単純に空腹を満たすという以上の大きな意味を持ちます。いつ起こるとも知れない災害に備えて、自分と家族の為の食事を確保しておきたいですね。

【関連リンク】
[アルファ米 商品情報]尾西食品株式会社 link


関連記事