次期プリウス40キロに燃費改善!?

次期プリウス40キロに燃費改善!?

数ある車の中で人気車種のひとつプリウスだ。

トヨタ自動車から発売されているプリウスはマイナーチェンジを行い、進化を行っている。

そのプリウスの燃費がさらに改善されて発売されるようだ。

 

エコカーとしてのアピール!?

トヨタ自動車が年内に発売するハイブリッド車(HV)「プリウス」の次期モデルの燃費が、ガソリン1リットルあたり40キロといった燃費改善になることがわかった。

現行モデルの(32.6キロ)より2割以上改善するという。

これにより、ガソリン車とHVでの「最高燃費性能」の座を奪還し、エコカー技術をアピールするのが狙いだ。

プリウスは世界初の量産HV車で、トヨタの看板車種としてその名を馳せた。

今回、6年ぶりの全面改良となり、エンジンの効率化や車両自体の軽量化などを進めてきた。

現在国内で販売されているHVの最高燃費は、トヨタのアクア(37.0キロ)、ガソリンではスズキのアルト(37.0キロ)だが、新型プリウスはそれを超えることとなる。

車体が大きいプリウスが、これら小型車をしのぐことで注目がさらに高まっている。

 

人気のプリウス。首位奪還を狙う。

プリウスは1997年に発売され、世界で類型約350万台を販売している。

国内の新車販売ランキングでは12年まで4年連続で首位を快走してきたが、エコカーの競合車種が増えたことにより、今年の8月は順位を落としていた。

しかし、今回の次期プリウスにより、返り咲くことができるだろう。

今後の展開に目が話せない。

 

【「朝日新聞」より一部抜粋。】

 


関連記事

運動でも食事でもない、新たなストレス発散方法ができる!?忘年会に楽しもう!!

beer

どれだけ頑張っていても思うようにいかない日々が続くこともある。 人は知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでいる生き物だ。 そんなときに大事になるのが、ストレス発散になるが、食事やカラオケで歌を歌う、はたまたとにかく寝る […]

詳細を見る