イオンがイスラム教にも対応した訪日ツアーを企画!?

イオンがイスラム教にも対応した訪日ツアーを企画!?

流通大手のイオンは、独自に企画したアジアからの訪日ツアーの販売を始めるとしている。

その第1弾となるのは10月以降にマレーシアを出発する商品で、現地で小売店を運営するノウハウも生かして、イスラム教の戒律に配慮したプランなどを揃えるとしている。

 

イスラム教に配慮したツアー展開で東南アジアからの集客を狙う!!

イオンはマレーシアで約30年間、小売業を展開している。

同国にはイスラム教徒(ムスリム)が多く、それらを踏まえたツアーを開発した。

まずは10月から来春に出発するプランを3種類売り出す。

その中心となる「関西ハイライト ムスリムフレンドリーツアー」は4泊6日で、1人15人前後。

礼拝の時間には移動をしないなどイスラム教の戒律に配慮した。

ツアーは金閣寺などの名所のほかに、イスラム教の戒律に配慮し、肉類を使わない飲食店や神戸ムスリムモスク(神戸市)、ムスリム向けの接客に力を入れる大阪の商店街などを巡るとしている。

また、イオンモール京都桂川(京都市)も組み込み、購入額の5%割引などを提供して買い物需要も取り込む狙いだ。

今後はマレーシアで事業モデルを確立したうえで、小売業として進出済みの中国やタイ、インドネシア、ベトナムなどのアジア圏を中心に訪日ツアーを企画することも検討する。

 

訪日外国人需要を取り込もうとする動きが拡大、加速している!?

2020年に東京五輪を控え、訪日外国人は過去最高のペースで増加している。

国内の小売業にとっては重要な顧客となっており、大手小売業の間では海外にある自社店舗などを生かした訪日客の集客する動きが加速している。

高島屋は9月から海外で発行するカード会員が日本の店舗で買い物をした場合の割引率を3%から5%に引き上げ、シンガポール高島屋などのカード会員が対象で、訪日時にも高島屋を利用してもらうといった狙いがある。

松屋はタイの小売大手、ザ・モールグループと提携して、同社の会員が松屋で5%の割引サービスを受けられるようにしている。

イオンのようにツアー商品を売り出すという形ではないものの、小売業界各社では様々な工夫を凝らしているようだ。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

プロポーズは「一生もの」を使おう。男性のプロポーズを後押しするサービス続々。

婚約指輪

婚約などで指輪や余計を贈るという習慣は若者世代においても根強く残っている。 そうした中、関連企業が固定客を取り込むために知恵を絞っている。 宝飾品販売のヴァンドームヤマダ(東京・港)は男性のプロポーズを後押しする作を打ち […]

詳細を見る

公的なポータルサイトを上手く活用して介護・看護の派遣就業をしましょう。

info2

インターネット環境の普及に伴い、近年の転職活動にはインターネットを活用した情報収集が広く見られるようになりました。働き盛りの20代から50代にかけてのインターネット利用率は9割を超えており、雇用側もこの世代へのPRの一つ […]

詳細を見る

喫煙妊婦の赤ちゃんは体重が少ない!?

baby

女性が妊娠中に自ら喫煙をすることはもちろん、受動喫煙も母体に悪影響を及ぼすことが知られている。 最近の研究結果からわかったことは、妊娠中にたばこを吸い続けた場合、体重が平均して100グラム以上少ない状態で生まれるというこ […]

詳細を見る