「ウォッシュレット」出荷台数4千万台突破!!世界も注目!?

「ウォッシュレット」出荷台数4千万台突破!!世界も注目!?

かつて「ウォッシュレット」というおしりを洗浄してくれるトイレの機能は画期的で非常に多くの注目を集めていた。

今では当たり前のようにあちこちの家庭だけでなく百貨店や複合施設のトイレでも見かけることが多くなった。

そのウォッシュレットがついに累計出荷台数が4千万台を超えたようだ。

 

発売から35年で世界にもウォッシュレットが定着!!

トイレを使った後に非常に便利な温水洗浄便座「ウォッシュレット」はTOTOが発売して35年でついに4千万台を超えた。

最初の製品は1980年発売し、1千万台達成まで18年の歳月がかかったものの、住宅以外にもデパートや百貨店など公共施設でも普及し、さらに海外でも好評となり、国内だけにとどまらず、国外でも知名度を上げたのが大きな要因となったと考えられている。

 

劣化や最新機種の発売により買い替え需要が増加!!

4千万台の出荷台数を超えたところで、TOTOも便器の自動洗浄などの新機能をPRしているほか、ウォッシュレットは市場に出回り始めてからの期間が長くなり、買い替えも増えてきたことで新たに需要が高まっているという。

また、最新式のものでは脱臭機能を搭載したウォッシュレットも出回っているそうで、過去の物と比べると、より利便性が向上しているのがわかる。

いつもお世話になっているトイレという空間で支えてくれるウォッシュレットは、86年に会が期向けに米国で発売され、その後、中国やアジア、欧州などに販路を拡大していき、世界的に「おしりを洗う文化を根付かせた」。

今後もこの文化の拡大が続きそうだ。

 

【「朝日新聞」より一部抜粋。】


関連記事

絶滅の恐れがある動植物は2万2013種!?

147

地球上には700万~2000万種類以上の野生動物が居るとされているが、その多くが絶滅の恐れがあるとされている。原因は、乱獲や森林伐採などによる環境破壊などで絶滅危惧種は年々増えている。 世界各国の絶滅危惧種 絶滅危惧種は […]

詳細を見る