11月11日は「介護の日」 介護の世界に触れてみましょう

「11月11日」といえば何を思い浮かべるでしょう。有名なものとしてヨーロッパの国・ポーランドの独立記念日である他、国内の某菓子メーカーが自社製品の形状にかけてこの日を記念日と定め、毎年キャンペーンを行っていることが広く知られています。

「介護の日」と「福祉人材確保重点実施期間」

介護の日平成20年、「いい日、いい日」という語呂合わせを背景に、厚生労働省によって11月11日が「介護の日」として制定されました。高齢化社会を背景に介護利用者の増加や介護サービスの拡大が進むことにより、介護が抱える課題もまた多様化を続けています。

様々な介護の形や問題を身近なものとして捉え、介護の利用者やその家族、介護従事者だけでなく、地域に暮らす人々全員が当事者として介護を考え関わっていく事を啓発する目的で、「介護の日」は定められました。
また「介護の日」と前後する11月4日~11月17日の期間は「福祉人材確保重点実施期間」であり、全国各地で職業としての介護福祉の魅力を発信する催しが企画されます。一例として、東京都では例年この時期に「介護のコト体験フェア」が開催されています。本年は11月9日に東京国際フォーラムにて開催が予定されており、介護職の業務体験や各種交流会などの様々なイベントが行われます。

介護業界に関心がある、介護の仕事をしてみようかと考えている、けれど介護の事がまだ何も分からない……そのような思いを抱えている場合は、是非「介護の日」を切っ掛けに介護業界に触れてみましょう。新しい世界が見えるかもしれません。
介護福祉業界は、いつでも新しい仲間を歓迎しているのです。

[関連リンク]
[介護の日・福祉人材確保重点実施期間]厚生労働省 link
[介護のコト体験フェアもっと楽しく福祉のシゴト]東京都保健福祉局 link


関連記事

年末年始予定ランキング!!

gift01

年末年始のイベントというと、クリスマス、大晦日、そして冬のボーナスもあり、年末年始は最大9連休ということで思い切って海外旅行を企画している方も居るかもしれませんね。 そんな中、2014年から2015年にかけての世の皆様方 […]

詳細を見る