希望運賃が下回るとメールで通知!?

希望運賃が下回るとメールで通知!?

格安航空会社(LCC)は上手く利用すると、より格安で乗ることができる。

国内線、国際線問わず、予算を抑えて飛行機での移動をしたいという人は多いだろう。

そうした人々にとって非常に嬉しいサービスが日本でも開始されたようだ。

 

座席のセール期間を逃さずキャッチ!!

格安航空会社(LCC)の豪ジェットスターグループは、あらかじめ指定した路線の運賃が希望額より下回った際に電子メールで通知する新機能「プライス・ウォッチ」を日本語ホームページに追加した。

対象となるのは、日本国内線だけでなく、国際線を含む、同グループの全路線となっている。

航空会社としては珍しい取り組みで、とにかく安さを重視する旅客らのニーズを捉える。

LCCにおいては、残席数に応じて料金が決まる仕組みだが、需要喚起のために予告なくセール期間が設けられることがあり、最新の運賃を知るには頻繁にホームページをチェックする必要があったが、今回のサービス開始により、あらかじめ路線や期間、希望運賃などを指定しておくと、希望価格を下回った場合に登録したメールアドレス宛に案内が通知されるようになる。

もし運賃が希望額を下回らなかった場合でも、指定した路線の最安値を1週間ごとにメールで通知する機能もあるので便利だ。

新機能の対象となるのは、「Starter」と呼ぶエコノミークラスの運賃で、国際線、国内線とともに支払い手数料が別途必要となる。

今までは英語版のみのサービス展開だったが、日本語版のサービスも始まったことにより、より多くの顧客獲得へつながりそうだ。

 

【「日系MJ」より一部抜粋。】


関連記事

新社長の高齢化が目立つ!?

syatyou

企業の大黒柱である社長職は会社の行く先を左右する存在として大きな役割を担う。 もしその役割を交代することになった際は、自分の会社を任せられる器の人材を選定しなければならなくなる。 その人事の流れが2015年上半期において […]

詳細を見る

ビアガーデンは男だけなんてもう古い!?女性向けビアガーデンが登場!!

beer-garden-300x225

ビアガーデンといえば、仕事帰りのサラリーマン数名が集まってビール片手に騒いでいるといったイメージを持っている人が多いと思う。 なんとなく女性だけではビアガーデンに入りにくかったり、ビールが飲めないので敬遠しがちといった声 […]

詳細を見る