不登校小中学生12万人!?

不登校小中学生12万人!?

8月も終わり小学校、中学校の夏休みも明けて通常どおり登校が始まっているだろう。

実はこの夏休み明けが小中学生の自殺率が急増している。なんらかの理由で学校へ行きたくないといった強い思いで自殺していることが考えられている。

また、そうした小中学生が多いのか、不登校の小中学生が2年連続で増加しているようだ。

 

不登校12万人超え。2年連続増加!?

2014年度に「不登校」を理由に30日以上欠席した小中学生は計12万2902人で、2年連続で増加していることが文部科学省の学校基本調査(速報)でわかった。

前年度から3285人の不登校者が居ることがわかった。

全児童に占める「不登校率」は小学生で0.39%となり、1991年に調査を始めて依頼もっとも高くなった。

中学生の不登校率は2.76%で、約36人に1人の割合となっている。

その一方で、不登校児とは別に、1年以上所在が分からない小中学生は123人(前年比260人減)となり、4年連続で減少していた。

 

カウンセラー配置などで対策をしていたが…。

国や自治体がスクールカウンセラーの配置など対策を拡充しており、減少傾向にあったが、13年度においては6年ぶりに増加に転じてしまった。

その背景には、フリースクールなど、学校以外の受け皿が増え、無理をしてでも子供を学校に通わせる保護者が減ったことが想定されている。

これらのことから、文部科学省は不登校を減らす取り組みだけでなく、不登校児向けに個別の学習支援計画をつくるなどの対策を検討しているという。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

夏の朝方勤務対象者が22万人!?

suit

最近テレビでよくいわれている「ゆう活」が7月1日より始まった。 この「ゆう活」とは、安部晋三首相が呼びかけで国家公務員を対象に行われることとなった朝型勤務のことで、全国家公務員51万人のうち4割強にあたる約22万人が実施 […]

詳細を見る

運動でも食事でもない、新たなストレス発散方法ができる!?忘年会に楽しもう!!

beer

どれだけ頑張っていても思うようにいかない日々が続くこともある。 人は知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでいる生き物だ。 そんなときに大事になるのが、ストレス発散になるが、食事やカラオケで歌を歌う、はたまたとにかく寝る […]

詳細を見る

花粉症対策にお茶を飲むことは効果的!?

TEA

だんだんと暖かくなり春らしい陽気となってきたが、それにつれて鼻や目が花粉に襲われるようになるだろう。 酷い人だと呼吸ができなくなるくらいくしゃみが止まらないなど、花粉症の人にとっては嫌なシーズンとなっている。 その花粉症 […]

詳細を見る