女性の平均寿命が3年連続世界一位に!!

女性の平均寿命が3年連続世界一位に!!

女性は男性と比較して平均年齢が高い傾向にあるというが、日本においては特に平均年齢が高いようだ。

 

3年連続世界1位!!

2014年の日本人女性の平均寿命は86.83歳、男性は80.50歳だった。

いずれも過去最高を更新しており、なおかつ女性に関しては3年連続で世界1位となっている。

男性に関しても世界3位となっており、前回の世界4位から上昇している。

これは厚生労働省が発表した「簡易生命表」で明らかになった。

前回と比べると、2014年の平均寿命に関しては

女性が0.22歳、男性が0.29歳伸びた。

女性においては心疾患や脳血管疾患が、男性はがんや肺炎の死亡状況が改善したことが平均年齢が上がったことに対する要因となっているという。

厚労省も、医療技術の進歩や国民それぞれの健康意識の高まりが背景にあると見ている。

 

三大疾患で死亡する確率が0になったらどうなるのか。

がん、心疾患、脳血管疾患のいわゆる「3大疾患」で死亡する確率は男性が52.20%、女性が47.80%といずれも半分近いが、もしこれがゼロになった場合は平均寿命は男性で7.28歳、女性で6.02歳と大幅に伸びることとなる。

厚労省の担当者は、今後も日本人の平均寿命はまだまだ延びると見ている。

ただこの数字の影に潜むのは少子高齢化といった問題にある。年金や若者が一人につき、高齢者を4~5人支えるような社会が進んでいくといった弊害があることから早急に対策をする必要もあるだろう。

 

【「朝日新聞」より一部抜粋。】


関連記事

相手に決断を迫る時の心理テクニック

153

「好きな色は何ですか?」と聞かれて答えを出すのに結構な時間がかかると思う。勿論、即答できる人も居るだろうが、抽象的な聞かれ方をすると考えてしまう人が多いのではないだろうか。さて、こうした決断に時間がかかるような時に、少し […]

詳細を見る

言葉のぼかし表現が浸透している!?

talk

あなたは「微妙」とい言葉を頻繁に使っていませんか!? 文化庁が発表した2014年度の国語に関する世論調査では、いいか悪いかの判断がつかない時には「微妙」という言葉を使う人は3人に2人は居るようだ。 また、断定を避けた表現 […]

詳細を見る