カーシェア利用拡大に併せ高まるサービス。

カーシェア利用拡大に併せ高まるサービス。

車を買っても乗る日が週末が中心となり、ほとんど乗らないので持っていても勿体無い。そもそも車自体が高く、維持費も馬鹿にならない。都市部なので車はほとんど使わないなど、様々な理由からマイカーを持たない人が増えつつある中、気軽に短時間だけの利用やいろんな車に乗れるといったことからカーシェアリング(カーシェア)の需要が高まっている。

そのことを受け、カーシェア各社は各種サービスを高めることで利用者確保に繋げようと競争が高まっているようだ。

 

観光地で割引!お得なサービスで集客!!

カーシェアの需要の拡大とともに、最大手のタイムズ24(東京・千代田)や追撃する他のカーシェア各事業者が相次いで料金プランやサービスの拡充や新サービスの展開を行っている。

「タイムズカープラス」の名でサービスを展開してるタイムズ24は、京都府や滋賀県の寺社などの観光施設の駐車場を使う利用者向けに割引チケットの提供を開始している。

観光地までは電車や飛行機など公共の交通機関を利用して観光地まで出向いて、そこからカーシェアで移動するといった人には嬉しいサービスだ。

このサービスの流れとしては、インターネットで車を予約した後に行き先を設定して観光施設の駐車場で60分以上利用を行うと、カーシェアの割引チケットが発行されるといったものだ。

対象となるのは平安神宮(京都市)や比叡山延暦寺(滋賀県大津市)などとなっている。

オリックス自動車(東京・港)においては9月末までの期間限定だが「オリックスカーシェア」で24時間以上の利用で割安になるサービスを行っている。

このサービスの利用についてはネットで会員番号と利用目的の登録が必要だが、時間が延びることによって割引率も上がる仕組みとなっている。

 

登録の簡略化で利便性向上!!登録は即日可能!?

三井不動産系のカーシェアリング・ジャパン(東京・渋谷)は「カレコ・カーシェアリングクラブ」の名前でサービスを展開しており、都内の不動産販売中開業「三井のリハウス」でチャイルドシートの無料貸し出しを行うほか、カレコにおいては平日の午後3時までに運転免許証など本人確認できる書類の画像をメールで送付すると、その後に所定のサイトにアクセスするだけで登録手続きを済ませれるようにしている。この手続き簡略化で利便性を図り、取り逃していた需要を取り込むのが狙いだ。

 

今後も同業界でのサービス特化による需要取り込みの動きが活発になっていくとみられている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

ANAが提供する冬の旅行キャンペーン2015!!

women

もうすぐ12月になり、年末年始は海外旅行へ行くという人で空港は溢れることになるだろう。 しかし、海外でのテロなどの影響を懸念して、国内旅行を楽しむといった人も増えることが見込まれている。 そうした国内旅行を楽しみたいとい […]

詳細を見る