コンパクトに故人を供養できるセット発売!?

コンパクトに故人を供養できるセット発売!?

生きている以上、誰しも終わりのときを迎えます。

残された人は故人を供養するために仏壇に写真を立て、お供え物をすると思います。

しかし、マンションなどでは仏壇が置けなかったり、蝋燭を使う場合は火事などが心配になるかと思います。

そうした問題も解決してくれるコンパクトなサイズの供養セットが販売されたようです。

 

小型の供養セットでマンションでも安心!?

生花販売大手の日比谷花壇は、マンションなどでも場所をとらない大きさで故人を供養できる写真立てと花などのセット販売が始まった。

蝋燭についてはキャンドル風発行ダイオード(LED)ライトを使っているので安心・安全だ。

写真立てなどを収める木製のボックスは高さ、幅、奥行きがそれぞれ40センチメートル以内で収まる大きさとなっており非常にコンパクトになっている。

供養の際に飾る「花」については、水やりの必要がなく長期保存が可能なプリザーブドフラワーやドライフラワーなどを使っている。

1人暮らしの高齢者でも負担が少なく、家に小さい子供が居る場合も安全に使うことができる。

今までは仏壇を設置して生花と蝋燭で供養を行うといった形式が主流であったが、少子化などの影響により住宅環境の変化が進んだ昨今では、形式にとらわれない供養のニーズが増えており、そうした需要に対応した。

注文は同社の公式サイトなどで9月27日まで受け付けており、価格もコンパクトで2万1600円となっている。配送料につては無料だ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

今年の蚊対策はLEDが主役!?

katoributa

日差しが徐々に強まり、初夏の訪れを間近に感じる5月下旬のこの時期。気がかりなのは蚊や蝿など、害虫の存在でしょう。 毎年、夏場の害虫対策に手を焼いている、という人も少なくないでしょう。 蚊取りの王道、蚊取り線香 蚊に対する […]

詳細を見る

怪我をしにくい丈夫な体を作るコツ。

milk

怪我をしないためにはどうすれば良いだろうか? 仕事や不規則な食生活から現代人は栄養不足な人が非常に多い。 ちょっとしたことで骨折をしたり、また治りが遅くなったりする。そうならないためにも、適度な運動と栄養不足の解消を意識 […]

詳細を見る