アレルギー判別シート1枚で22種類のアレルゲンを特定できる!?

アレルギー判別シート1枚でアレルギー特定!?

花粉症や金属アレルギーなど、世の中には様々なアレルギー原因物質による検査は別々に行ってきた。

しかし、医学・技術の進歩で、佐藤製薬はアレルギーのタイプを判別できるシートを発売したそうだ。

 

背中に貼るだけで原因特定!?

佐藤製薬は医療機関向けにアレルギーのタイプが判別できるシートを発売したようだ。

患者の背中に2日間貼ることで、シートに含まれた試薬と肌の炎症度合いから、それぞれの原因のアレルゲンを特定することができる。

簡単にアレルギー検査ができ、患者の利便性を高めることが狙いだ。

 

問診なしで2日間。22種類のアレルゲンを特定可能!?

佐藤製薬が今回発売する「パッチテストパネル」は日本人が発症しやすいといわれているアレルギーの25種類のうち、22種類のアレルゲンを特定することができる。

シートには接着剤などに含まれる「ホルムアルデヒト」や金属アレルギーの原因物質の「硫酸ニッケル」などが混ぜられており、これまでは患者がそれぞれの医師に問診を受けて花粉症や金属アレルギーなどを1つずつ検査していたが、それが同製品を使えばまとめて検査をすることができる。

患者の負担も少なくなるため、十分需要があるだろう。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事