関西花火大会特集2015!!

関西花火大会特集2015

梅雨が明けたころから本格的に蒸し暑くなってきたら夏本番だ。その頃になると各地では花火大会が開催される。

今回は特に花火大会が集中する関西の花火大会スポットについてご紹介する。

 

8/8(土)開催:淀川花火大会ははずせない!!

大阪の花火大会といえば、やはり淀川花火大会だろう。今年で第27回目となる。

今年のプログラムはオープニングからアツい!!なんと17年ぶりに10号玉(尺玉)が復活し、しょっぱなから豪快に打ち上げる。

そしてスターダストパレードへと続き、フィナーレには過去最大最多の怒涛の打ち上げでフィニッシュだ。

ただ、人ごみが苦手で花火大会を避けがちな人も安心して欲しい。協賛エリアで楽々観戦することができる。一番見やすく、テーブルや椅子、お弁当が用意されている席で9000円~となっていうが、一番良い席でゆったりと見ることができるのでお勧めだ。

 

7/25(土)開催:1000年以上の歴史ある日本三大祭りの天神祭!!

大阪で行われる天神祭奉納花火は日本三大祭りの1つとして関西以外でも有名な祭りとなっている。今年は花火玉数4000発となっており盛大に夜空が彩られる。

こちらも奉納花火を目の前で楽しめる有料エリアがあり、4000円~でシートをもらえ、自由に座って楽しむことができる。

 

8/8(土)開催:神戸の夜景と花火のコラボは圧巻!!

今年で45回目となるのは神戸のみなとこうべ海上花火大会だ。

日本三大夜景の一つとして数えられる神戸の夜景をバックに約1万発の花火が打ち上げられるなんとも贅沢なコラボレーションが今年も実現する。

こちらも有料エリアが3100円~で、間近で花火を楽しむことができる。迫力の体験に感動したいなら迷わず買おう。

 

8/7(金)開催:湖面に映る花火が非現実的な世界を感じさせる!!

滋賀県の琵琶湖で毎年行われているのが、びわ湖大花火大会だ。

湖面に映る花火と夜空を彩る花火が幻想的で、見る人を非現実的な間隔に誘ってくれる。フィナーレも大ボリュームとなっており圧巻だ。

有料エリアも確保されており、前売りで3900円でパイプ椅子に座りながら湖上の花火をゆったりと満喫できること間違いなしだ。

 

今回紹介したほかにも関西各地では様々な花火大会があるのでチェックして欲しい。

 


関連記事

梅毒患者が2000人超え!!女性患者が5倍に!?

woman

感染症といえば今の時期はインフルエンザやノロウイルスなどが話題にあがることになるが、実は感染症はそうしたものばかりではない。 性的接触により感染が拡大する、いわゆる性病の一種である梅毒が今年、初めて2000人を超えたよう […]

詳細を見る

学校のふりかけ論争に決着

101

大阪市の市立中学校は塩分過多による国の栄養基準から外れる恐れがあることから、学校給食でふりかけの使用を認めていなかったという問題で、橋下徹市長が大阪市の教育委員会会議で「各学校の校長に一任すればよい。」との批判からふりか […]

詳細を見る