りそなHD傘下の3行の窓口で通帳も相互利用可能に!!

bank

りそなホールディングスは11月から、傘下の3行の窓口で通帳の相互利用が可能になるという。

高齢者の利用がしやすくなるように、こうしたサービス展開をするそうだ。

 

どの店舗窓口でも通帳での出入金が可能に!?

りそなホールディングス傘下のりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行の3行で、どの店舗窓口でも通帳で普通預金の出入金が可能になるという。

今まではATMでキャッシュカードを利用した出入金は3行で可能であったが、通帳を使った窓口事務に関しては対応をしていなかった。

11月からは3行で通帳の規格を共通化し、カード慣れしていない高齢者などの利便性を高める方針だ。

 

切り替わることで圧倒的に利便性が高まる仕組みに…。

今回のシステムの導入のために、同社3行のシステムを整えることから開始する。

その後、新しい通帳に順次切り替えていき、窓口事務に対応できるように進めていく。

これにより利便性は遥かに高くなる。

たとえば大阪府の場合だと、りそな銀行と近畿大阪銀行が各100箇所前後の有人店舗を持っている。これを共通化すれば、顧客は200店以上の窓口で入出金などの手続きが可能になる。

同社グループで圧倒的な利便性を提供することで、利用者向上とサービスの質の向上につなげる。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】

 


関連記事

池田泉州銀行がATM手数料無料化!?

money

池田泉州銀行(大阪市北区)は古くから大阪の人々に馴染みのある銀行として成長を続けてきた。 その池田泉州銀行が、ATM手数料をある一定の条件を満たしている場合は終日無料にするようだ。   11月から特定の人はAT […]

詳細を見る

10月1日から「全国労働衛生週間」。働く人の心と体の健康を考えましょう。

info7

厚生労働省が実施している「全国労働衛生週間」というものをご存知でしょうか。 これは労働者の健康管理や職場環境の改善などの労働衛生に関する国民の意識を高めると共に、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなど […]

詳細を見る