東京メトロの発車メロディー導入駅が拡大される!?

tokyo-metoro

電車のホームから乗り込み、いざ発車する際にはアナウンスと共にメロディーが流れるようになっている路線が多い。

東京メトロにおいては、今後、そうした発車メロディーが流れる駅を拡大していく方針だという。

 

共通の発車ベルから、周辺地域をイメージしたものに変更!?

今までは東京メトロの全駅で、共通の発車メロディーが使われていたが、順次個別のメロディーの導入をしていく。

銀座線においては6月までに導入駅を4駅から9駅に増やすとしている。また、東西線においては5月に2駅で始めている。

それぞれ駅周辺の地域をイメージした音楽に変更するとしており、たとえば神田駅では神田の地名などが歌詞の中に盛り込まれている、美空ひばりさんの「お祭りマンボ」を採用するなどしている。

銀座線では6月から神田や上野広小路など5駅で発車メロディーを流す。

また、上野広小路4駅では新たに作曲した音楽を流す。

将来的には、2016年度末までには銀座線全線に発車メロディーを導入することとなっている。

また、東西線においては5月中には九段下駅と日本橋駅で始まっている。

それぞれの駅で異なる発車メロディーが採用されることから、それぞれの駅でうっかり降車し忘れることもなくなるのかもしれない。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

飛行機に乗る際の手荷物の基準を知ってる?

plane

飛行機に頻繁に乗る人なら特に知っておきたい内容がある。 手荷物についてだ。 安心で安全なフライトを実現するために、特に国際線においては手荷物に関する基準がかなり厳しくなっている。 その手荷物の基準について知っているだろう […]

詳細を見る