カード決済がようやく全店導入へ…。

213

日本においてクレジットカードは普及してきたといえど、まだまだ積極的に使っている人は海外と比べると少ないだろう。

現金支払いをする人が多く、宅配物の受け取りについても荷物の受け取りと同時に支払う代金引換による決済がほとんどだ。

飲食店においても、決済手数料の負担や、1万円を超えるような高額な支払いが少ないことから、クレジットカード払いに対応していないといったところは多い。

そんななか、とある寿司店で、ようやく全店にクレジットカード決済が導入されたようだ。

 

カード決済導入。中国の銀聯カードも。

コロワイド傘下で「かっぱ寿司」を展開しているカッパ・クリエイトホールディングス(HD)は、クレジットカードや電子マネーを使った決済方式を導入する。

まずは11日に東京都と神奈川県の10店舗で先行導入し、7月上旬までに全店舗に広げる方針だ。

今回のように、全国チェーンの回転寿司店でクレジットカードと複数の電子マネーを全店で対応するのは初めてという。

導入されたクレジットカードについては、全国341店でVISA、マスターの2大ブランドのクレジットカードに加え、交通系電子マネーなどが使えるようになる。

インバウンド(訪日外国人客)の利用なども見込み、中国の銀行・クレジットカード「銀聯カード」にも対応させるという。

今後もインバウンドの利用が増えていくことから、その他の飲食店にもこうした動きが広がっていくことだろう。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

2014年 新車販売台数ランキング!

info13

先日、自販連(一般社団法人 自動車販売協会連合会)による、2014年8月の新車 乗用車販売台数ランキングが発表されました。 増税の影響を受けた4月以降、新車の販売台数は高価格帯を中心に落ち込みが見られますが、車種のライン […]

詳細を見る

イメージイラストで見る者を圧倒しよう!

125

今回、イラストに関する公募が2種類ある。それもイラストレーターとして将来的に活動できるチャンスがあったり、ミュージックフェスティバルのイメージイラストとして来場者に見てもらえるチャンスとなっている。 イラストレーターにな […]

詳細を見る

世界遺産の登録の意味と登録の流れ

98

よくテレビなどで「○○が世界遺産に登録されました。」というニュースを耳にすると思うが、一体どのような流れでどのような意味があって登録されているのか知らないという人も多いのではないだろうか。 世界遺産とは 主に遺跡や自然な […]

詳細を見る