豪雨突風リスクをメール通知で対策を!!

リスクをメール通知で軽減!!

三井住友海上火災保険は、気象情報会社のウェザーニューズと提携し、豪雨や突風などの風水害のリスクを事前に知らせる企業向けサービスを6月から開始するようだ。

 

メール通知でリスク回避!!

降水量や風速について、企業があらかじめ設定をしておけば、その設定した値に到達する可能性が出てきたときにメールで通知がくるようになるというもので、対策がとりやすくなるといったサービスになっている。

保険の新規契約につなげるほか、被害の拡大を防ぎ保険金の支払いも減らす狙いもあるという。

 

建設・土木工事向け保険や火災保険を契約する際に無料で提供!?

新サービスとなる「気象情報アラートサービス」は、建設・土木工事向け保険や火災保険を契約する企業に無料で提供することとなっている。

企業はそれぞれ計測地点を5箇所登録し、注意・警戒が必要になる降水量や風速を設定する。

予報も12時間後、3日後、10日後の3種類から選べるようになっている。

基準値を超えそうな場合は、企業が設定したメールアドレスに通知がくるようになっている。

企業はこれにより、対策を講じやすくなる。

たとえば、警報メールが届けば、建設現場での作業を一時中断したり、商業施設では傘立てや床清掃の準備もできる。

2015年度中には、雷や雪の予報もはじめる方針だという。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

10月1日から「全国労働衛生週間」。働く人の心と体の健康を考えましょう。

info7

厚生労働省が実施している「全国労働衛生週間」というものをご存知でしょうか。 これは労働者の健康管理や職場環境の改善などの労働衛生に関する国民の意識を高めると共に、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなど […]

詳細を見る

並ばなくてもいい!?自動ゲート!!

airport

もうすぐ12月。年末年始には日本から国外へ旅行をする人も多く居ると思いますが、もちろん、空港は非常に混雑します。 国際線に搭乗する際は出入国審査場で出入国審査を受ける必要があり、年末年始や夏季休暇などの時期は大量に出入国 […]

詳細を見る