豪雨突風リスクをメール通知で対策を!!

リスクをメール通知で軽減!!

三井住友海上火災保険は、気象情報会社のウェザーニューズと提携し、豪雨や突風などの風水害のリスクを事前に知らせる企業向けサービスを6月から開始するようだ。

 

メール通知でリスク回避!!

降水量や風速について、企業があらかじめ設定をしておけば、その設定した値に到達する可能性が出てきたときにメールで通知がくるようになるというもので、対策がとりやすくなるといったサービスになっている。

保険の新規契約につなげるほか、被害の拡大を防ぎ保険金の支払いも減らす狙いもあるという。

 

建設・土木工事向け保険や火災保険を契約する際に無料で提供!?

新サービスとなる「気象情報アラートサービス」は、建設・土木工事向け保険や火災保険を契約する企業に無料で提供することとなっている。

企業はそれぞれ計測地点を5箇所登録し、注意・警戒が必要になる降水量や風速を設定する。

予報も12時間後、3日後、10日後の3種類から選べるようになっている。

基準値を超えそうな場合は、企業が設定したメールアドレスに通知がくるようになっている。

企業はこれにより、対策を講じやすくなる。

たとえば、警報メールが届けば、建設現場での作業を一時中断したり、商業施設では傘立てや床清掃の準備もできる。

2015年度中には、雷や雪の予報もはじめる方針だという。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

50歳以上限定のシェアハウスって?

room

シェアハウスが東京など首都圏を中心に若者を中心に拡大している。 シェアハウスの利点は複数の部屋に分かれた家に数人が住むといったもので、キッチンや風呂場、トイレなどは共用であることが一般的だ。 最大の特徴は東京の中心に近い […]

詳細を見る

「飛行機は早くてラク」は本当?主要空港のアクセスをチェック!

info21

いよいよ10月に突入し、今年も残るところ3ヶ月となりました。行楽シーズンも迎えているこの時期、秋の観光や年末年始の帰省のため旅行計画を立てる人も多いのではないでしょうか。 旅行の足といえば車や新幹線などが一般的ですが、近 […]

詳細を見る

仕事の焦点を明確にし、人材育成を。飲食店の人材育成方法とは。

sashimi

求人を行って人材確保をしたはいいが、人材育成は一苦労だろう。 特に若い人材が不足しがちな飲食業界においては、求人はもちろんだが、既存の人材育成は急務といえるだろう。 人材育成にこだわりをみせる飲食店はじわじわと増えている […]

詳細を見る