子供の誤飲事故に注意!!

194

小さい子供は身の回りにあるものは全て口に入れる習慣がある。そのため、昔から、おもちゃなどの小さなプラスチック製品の誤飲が非常に多い。最近では、とある品目が最多となった。

 

増える薬の誤飲事故

1979年度から調査開始されていた子供の誤飲事故についてだが、2013年には子供の誤飲事故の割合は薬が最も多くなっており、今まで1番であったたばこを上回ったと厚生労働省が発表している。

厚労省は、家庭用品による健康被害の監視に協力する全国の病院を通して子供の誤飲事故を調査した結果、薬の誤飲は96件(18.1%)となっており、意識障害や嘔吐などの重篤な症状が認められた事例は27件あり、うち7件で入院が必要であった。

また、年齢別でみると蓋や包装を自分で開けられるようになる1~2歳児が75%を占めた。

甘い味で飲みやすい薬も多く、大量誤飲も報告されている。

 

たばこの誤飲も根強く残る。

13年度は、薬の誤飲が初めてたばこを上回る結果となったが、たばこの誤飲も報告されている。

薬に次いで多かった品目が、たばことなっており、94件(17.7%)、プラスチック製品60件(11.3%)、おもちゃ51件(9.6%)、金属製品50件(9.4%)となっている。

たばこの誤飲に関しては、喫煙率の減少に伴い、00年頃から減少傾向にあったが、1歳前後の乳幼児が誤飲する事故が未だに多々発生している。

もし、たばこを誤飲した場合は、飲み物を飲ませるとニコチンが吸収されやすくなるので、飲み物を飲ませずに、ただちに受診するようにしましょう。

 

【「朝日新聞」より一部抜粋。】


関連記事