1万円以下でも買える!今人気の「ドローン」って?

191

テレビなどで空撮を行っているラジコンヘリのようなものを見かけることがあるだろう。

ここ最近、よく耳にするドローンとは、一体どういったものなのだろうか。

そもそも「ドローン」って何?

「ドローン」とは、無人飛行機全般を指し、軍用の無人航空システムなどが起源であったが、最近は主に「マルチコプター」を指すものとなっている。

従来のラジコンヘリとは違い、ドローンは4枚の回転翼で飛ぶものが主流となっており、ここ数年で低価格化と小型化が一気に進み、また先ほど書いたようにテレビ番組の撮影などでも使用されるようになってから、一気に知名度が広まった。

「ドローン」の機能。

最近では安い物であれば1万円以下で手に入る。しかも、空撮対応モデルもあり、10万円以上のモデルとなるとGPS機能まで搭載されており、設定のルート通りに自動で飛ばせたり、アクションカメラなどを装着して空撮をすると、空からの景色を高画質ムービーで楽しむことができるようになっている。

進む「ドローン」を利用した商業化。

日本においてはドローンを商業利用するための法律など環境整備が進んでおらず、飛ばせる場所に限りがある。しかし、先行する米国においては、ドローンの商業利用に向けたルール策定の動きが活発に行われており、米アマゾン・ドット・コムでは、「アマゾン・プライム・エア」として、ドローンを使った商品配送システムの実用化に向けて試験飛行を繰りかえし行っている。

様々な危険に注意してドローンを使おう!!

ドローンを使う際は、次のことに注意しよう!

①並行輸入される「違法」な製品には注意!

見分け方は、送信機の「技術基準適合証明」の有無だ。この証明がないと違法になる。また、送信機の操作方法は日本と海外のものでは異なる点も注意が必要だ。

②リスクを常に意識して飛ばそう!

人や物にぶつかる危険性を意識し、適切な飛行場所を選ぼう。また、落下や操縦不能のリスクを常に意識しよう。

万が一のために、「ラジコン保険」に加入することも忘れずに行っておきたい。

 

以上のことを踏まえて、大きさや機能、価格帯や目的などによって自分にあったドローンを選び、魅力を楽しんでもらいたい。


関連記事

「バックカチューシャ」で後姿美人に!?

back

今、20代の女性を中心に後ろ向き専用のカチューシャ「バックカチューシャ」が話題となっているほか、背中にポイントをおいたデザインの服や水着も人気で、いまやトレンドの発信拠点となっている音楽イベント「夏フェス」から街中ファッ […]

詳細を見る

SMAP解散発表から売れるCD。

ライブ会場

CDがデジタルの時代で売れない。 そう嘆く音楽関係者も多いが、今、大きくCDの購入が増えているグループがある。 国民的人気グループのSMAPの音源だ。 12月31日にSMAPが解散する発表を受けて、今、再びSMAPのCD […]

詳細を見る