セブンイレブンが鳥取にも展開!全国進出も視野に!?

セブンイレブンが鳥取にも展開!全国進出も視野に!?セブン-イレブン・ジャパンは、10月に鳥取県に進出することが決まっている。今までは鳥取に店舗を展開していなかったが、今後5年で50店を出店する計画をしているそうだ。これにより、残る空白地は沖縄だけとなるが、全国進出を狙っているのだろうか。

ジワジワと全国展開を見せるセブンイレブン。

鳥取に出店するということだが、まずは提携している西日本旅客鉄道(JR西日本)管内の駅構内などを中心として店舗を広げていく予定をしている。また、6月には青森にも1号店を出店する予定となっており、これでセブンの出店が決まっていない地域は沖縄県のみとなり、全都道府県の出店まであと少しといったところになってきた。また、青森の出店に関しても、鳥取と同じように集中出店を進める方針で、今後2年で100店舗まで店舗網を広げる計画をしている。

セブンイレブンの強み。

青森の出店に関しては、弁当や総菜の製造を担う主力取引先、わらべや日洋のセブン専用工場が5月から稼動するのが後押しとなっている。また、西日本旅客鉄道と提携しているので、大阪や福岡などの駅構内にある売店をセブンイレブンへの転換を進めている。これと同様に、既に駅構内にある売店を自社ブランドの店舗にすることで、一気に店舗展開をすることができる。もちろん、これだけの出店をできるという大手コンビ二チェーン店ならではの体力も強みである。

【「日本経済新聞」より一部抜粋】


関連記事

超高級車の販売店が日本で強化へ。

ロールス・ロイス

超高級車といえば、ロールス・ロイスやコーンズ・モータースといったところだろう。 それらが日本にて販売店が足場を固めているようだ。 それぞれ、販売店の新設や整備拠点の拡張など活動を積極的に行っているようだ。   […]

詳細を見る