親子で楽しめる!プラモデル感覚2輪車「ストライダー」って!?

ストライダー
最近の子供はスマホを与えればずっとスマホを持って室内で遊んでいる。外で誰かと遊ぶわけでもなく、子供と物の間で完結してしまい、親など他社が入り鋳込む余地がない状態となっている。そんな中、親子で楽しめるプラモデル感覚の2輪車が日本でもじわじわと人気となっている。

組み立て自由!オリジナルのストライダーを子供と作ろう!

ストライダーとは、そもそも何なのだろうか。これは、米国生まれの、ペダルとブレーキがない軽量な幼児向け2輪車だ。元々、米国に住むライアン・マクファーランドさんが2歳の息子のために市販の自転車を改造して作ったのが始まりで、2007年に米国で発売が開始され、世界累計販売台数は2月に100万台を突破。そのうち30万台は日本で売られた。

市販されたストライダーは無駄がない潔いデザインが特徴で、重量が3.0kgと軽量。もし子供が転倒した時のことを考えてハンドルが360度回転する設計になっている。そして何より、色やタイヤなどの部品を自分の好みのものに変えることができるようになっているのが最大の魅力だろう。

父親は工具を使って、ハンドルやタイヤの交換を行い、子供はそのオリジナルストライダーに乗って外で遊ぶようになる。また、親子でコミュニケーションをとることも増えるので、親子の絆も深まる。

ストライダーの発売にも、ストライダーを使う親子の間でもドラマがある!

日本でストライダーが発売されるようになったのは、玩具・書籍の輸入卸売業「豆魚雷」の岡島和嗣社長が、スマホが普及し、外へ遊びにいくことが少なくなった子供達の姿を見て、将来に不安を感じていた時に米国でストライダーが発売されていることを知り、米ストライダースポーツインターナショナルに電子メールで地価談判したことから始まった。

流通経路の開拓や日本での知名度など0の状態から、日本唯一の正規代理店として2009年8月にスタートをしたが、当時は思うようにうまくいかなかったそうだ。しかし、雑貨店を営む先輩が取り扱いをしてくれたことから口コミなどで広まり、国内累計販売台数は2013年度には20万台と急速に増えた。親にとっては転げても立ち上がる姿に子供の成長が感じられるとして人気となっている。

【「Fuji Sankei Business I」より一部抜粋】


関連記事

有害なトランス脂肪酸や膨張材多数!?菓子やクッキーを食べる時は注意を!!

cookie

昭和の時代ではクッキーは手作りをされており、小麦粉、砂糖、塩、卵を原料に固めて焼くという素朴なものでしたが、今ではこのようにクッキーを家で焼くといった家庭も少なくなり、一般的に流通している菓子メーカーのクッキーを食べるこ […]

詳細を見る