何故人は行列に並びたがるのか。

行列
よく行列のできるラーメン屋や、行列のできるクレープ屋など、有名店や人気店においては常に行列ができているイメージがあり、客が途切れることがない。
また、行列を見ると、ついつい気になって並びたくなるが、これは何故なのだろうか。

同調行動心理?

よくある、「店を脚で溢れさせる秘密」とはどこにあるのでしょうか。これに対して、とある人気店を作ることで有名な飲食店プロデューサー曰く、「行列を作ればいい」とのことだった。

その方法も様々あるそうで、たとえば、開店時間を予定よりわざと遅らせたり、店内が客でいっぱいになるまで料理を作りはじめなかったりすると、自然と行列ができてくる。そうすると、客はその行列を見て、吸い寄せられるように集まってくるそうだ。

実はこれと同じようなことを、心理学者のミルグラムが実験していたそうだ。ミルグラムはニューヨークの街中で、サクラに、何の変哲もないただのビルを見上げるように立たせていた。そうしたところ、サクラが5人以上配置すると通行人の80%以上が立ち止まって、同じようにビルを見上げるようになり、あっという間に大きな人だかりになったそうです。

これは「同調行動」という人間心理を利用したもので、私たちの心の中に潜んでいる、「周囲に取り残されたくない」といった気持ちや、「周囲と同じことをしていると安心する」といった気持ちが作用しています。行列に並びたくなるのも、この「同調行動」が影響していると言えます。

飲食店プロデューサーは、これを利用し、サクラを使わずに売れる飲食店に変化させたのでしょう。

我々は気づかぬ内に心理的な作用を利用されているかもしれません。
こうしたことにも注意を払うのも時には重要になってくるのかもしれませんね。


関連記事

「子供会員」でスキー場が安くなる!?プリンスホテルの新たな制度。

ski

日に日に寒くなり冬の訪れを感じることができるようになってきた。 冬には鍋料理にスキーにと様々な楽しみがあるだろう。 年末年始には旅行へ行く人も多いだろうが、家族でスキー旅行へ行くなら「子供会員」を新設したプリンスホテルな […]

詳細を見る

東京外大流のスーパーグローバル人材育成

157

日本における各大学では、世界に通用するグローバルな人材を育てようと躍起になっている。 そんな中で、東京外国語大学においては、スーパーグローバルな人材を育てる対策をしていた。 外国語を喋れるだけではもう遅い!?文化について […]

詳細を見る