人は天気によって感情が変わる!?

人は天気によって感情が変わる!?
天気によって人間の感情が左右されることがあるのだろうか。よく曇りの日や低気圧が近づいていると頭痛を訴える人は居るが、感情にも何かしら影響を及ぼすことがあるのだろうか。

天気の変化で重度な病気になる可能性も…

段々と肌寒くなり、ダウンジャケットやコートを着ることがでてくる寒い冬の季節は低気圧が近づき日の光が届きにくくなることが多々あり、気分が優れなくなる時があります。逆に燦々と日光が降り注ぎ、長袖の服を着ていると暑さを感じる夏の季節は天気の良い日が続くことが多いので軽やかで開放的な気分になるものです。

しかし、これらはあくまで一般的な人々の感情であり、「季節性感情障害者SAD(Seasonal Affective Disorder)」という、主に秋から冬にかけて気分の落ち込みがみられる、うつ病の一種になると、食欲不振、睡眠不足、性欲減退、無気力になるなどの症状を訴えるようになります。

感情変化の原因

実は昔から天気によって感情の変化があると考えられてきました。実際、天気によって感情が変化することもあるようで、光の多少が原因で季節性感情障害者の報告例があります。
このほか、最近、国内外で多くなっている犯罪と月齢に関する研究結果では、事故や自殺、犯罪行為などは、月の引力が気圧に影響を与えることが関係しているともいわれています。


関連記事

介護施設や病院に健康食の冊子を配り販促!!高齢者食の市場争奪戦。

lunch

キユーピーは業務用の高齢者向け冷凍食品を、介護施設へのヒアリングをもとにしたアレンジメニューの冊子を全国の介護施設へ送付する。 また、森永乳業子会社のクリニコ(東京・目黒)も高齢者の低栄養防止を訴える冊子を配布しており、 […]

詳細を見る