7万円台の格安・短期クルーズが売れている!

クルーズ
旅客船での旅行は富裕層をターゲットとしたもので、なかなか一般人の手には届かないというイメージがあったが、客船運行会社は近頃、相次いで格安・短期クルーズ船良好商品を投入している。

ターゲットは家族連れに若者!?新たなクルーズ市場の開拓

JTBでは、7日程度で参加できる格安クルーズ船ツアー商品を2割増やす予定をしている。今までは時間も金銭的にも余裕のあるシニア層をターゲットにしていたが、中間所得層や家族連れ、若者などの市場を開拓するようだ。

米系大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」を運行するプリンセス・クルーズ(カリフォルニア州)は、国内を発着港にするものや、神戸と韓国を5日で往復するものなど、3商品を展開する。最も安いものは6万9,000円だそうだ。

その他、短期間ツアー109コースを増やすようで、6日間で5万9,000円のコースもある。家族連れも参加しやすいように、大人2名以上と同室なら12歳未満の子供は無料にするそうだ。

増えるクルーズ船の旅行客

2013年から少しずつクルーズ船の旅行客の割合が増えていっているようで、2013年には前年比1割増の23万8,000人となっており、2014年にはさらに2割増弱増えたそうだ。日本旅行においては、クルーズ旅行と鉄道をセットにした商品の検討を行っており、早ければ今秋にも販売するそうだ。

【「日本経済新聞」より一部抜粋】


関連記事

雑誌の購入で電子書籍無料に。

本

書店で雑誌や書籍を購入することでデジタル版のダウンロードを無料でできるサービスが拡大しつつある。 三省堂書店はサービス対象を50誌以上と3割増やしており、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は系列書店で前年比2倍 […]

詳細を見る