消費税増による際立つ節約志向

節約志向
総務省の発表によると、去年の消費税の増税後に、低所得世帯では特に節約による支出削減が目立ったという。

前年比2.9%!?

なんと2014年の家計調査によると、1世帯あたりの月平均の消費支出は物価変動の影響を除いた実質で前年比2.9%減ったそうだ。この減少は比較できる2000年以降で最大だという。
主に外食や交際費など支出が減り、極力無駄な買い物や旅行を控えるなどの節約志向が低所得世帯で進んでいることが判明した。

支出の額面は上がっているが…

月平均の消費支出においては、29万1194円となっており、支出の額面を表す名目では0.3%増となっている。しかし、交際費や仕送り金などが実質で5.1%減っている。これは全体の減少への影響が特に大きく、支出のポイントを押し下げている原因となっている。また年収が436万円以下の低所得層の消費支出は7.5%減っており、減少率は際立って大きい。

その他、減っている項目は?

交際費や仕送り金など以外に減っている項目は、食料で1.8%減っていた。これはほぼ全ての品目で出ており、外食に関しては2.7%減っている。このまま消費税が上がると、消費は益々冷え込みそうだ。

【「日本経済新聞」より一部抜粋】


関連記事

サッカーから組織論を学ぶ。

soccer

サッカーといえば誰もが知っている、国民的スポーツだ。 子供の頃からサッカー選手になりたいと考えている人たちも多くいるだろう。 最近話題になっていたのは、女子サッカーチームのなでしこジャパンの活躍が記憶に新しい。また、Jリ […]

詳細を見る

10月1日から「全国労働衛生週間」。働く人の心と体の健康を考えましょう。

info7

厚生労働省が実施している「全国労働衛生週間」というものをご存知でしょうか。 これは労働者の健康管理や職場環境の改善などの労働衛生に関する国民の意識を高めると共に、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなど […]

詳細を見る

ICタグを利用!子どもの登下校の見守りに!

info34

子どもを狙った犯罪が多発する昨今、如何にして子どもの安全を確保するべきか、保護者や学校、地域にとって大きな課題となっています。 広く行われている活動といえば、ボランティアによる通学路の見回りや地域住民による声かけ(挨拶) […]

詳細を見る