企業秘密の海外流出には罰金10億円!?

企業秘密の海外流出
企業が持つ技術などの秘密を海外企業が不正利用した場合には罰金として最大10億円が科せられるという方針が固まった。

狙いは産業スパイの抑止

外国企業が関わる案件の罰金を重くするのは初めてのことで、主に産業スパイを抑止する効果を期待している。これらは早くて年内にも適用が始まる可能性があり、適用後は海外企業が技術などの企業秘密を不正利用した場合は最大10億円、国内での流出の場合は最大5億円の罰金を科すこととなる。また、罰則は法人だけでなく盗みを働いた個人にも科せられ、最大2000万円を、そして海外に情報を漏らした場合は3000万円になるそうだ。懲役に関しては10年以下のままだ。

罰金だけじゃない!利益没収も!?

企業秘密を盗んで得た利益を没収する制度も新設するそうだ。仮に技術を盗んで得た収益が30億円だとすると、刑事裁判で立証されたら、この30億円を国が没収し、最高10億円の罰金も法人に科すそうだ。

政府としては不正に得た収益を上回る罰金などを科すことで、不正に情報を取得するといった動機をなくしたいと考えている。

【「日本経済新聞」より一部抜粋】


関連記事