カンパチやカマスのおいしい食べ方って!?

カンパチ
刺身で美味いカンパチと干物にすると美味いカマスについて、それぞれおいしい食べ方を紹介しよう。

美味しいカンパチの見極め方

美味いカンパチの見極め方は次の通りだ。

一、 天然のカンパチがあれば迷わず買おう。ほとんどのカンパチは養殖なので貴重だ。
二、 身の色が白く、透き通った白色の物を選びましょう。
三、 血合いの色が鮮やかで、赤やピンクが混じっている物を選びましょう。

カンパチは初夏から秋まで(6~8月頃)が美味いとされていて、大きい物になると前兆1.5mほどのものがあるが、あまりに大きすぎると大味になるので敬遠されがちだ。
ベストな大きさは2~3kg級とされている。

カンパチの美味しい食べ方

塩コショウとレモンなどの柑橘系味付けで簡単にできるカルパッチョが美味い。新鮮なカンパチを薄造りにして皿に敷き詰めて、軽く塩コショウをしてレモンやワインビネガーをサッと回しかけて、お好みでオリーブオイルをかけてコクをつけると完成だ。
晩夏の疲れた内臓にブリほど脂でギトギトしていないカンパチがさっぱりとした食感を楽しませてくれるだろう。

美味しいカマスの見極め方

美味しいカマスの見極め方は次の通りだ。

一、 大きく、太っているものを選びましょう。
二、 ヤマトカマスよりアカカマスを選ぼう。
三、 腹側が白く、鱗がしっかり付いているものを選びましょう。

カマスは7~12月の間にかけてが旬だ。特に7,8月はヤマトカマスが美味い。

カマスの美味しい食べ方

カマスは干物にするのは定番だ。他には、水っぽいカマスは塩焼きがよく合う。
カマスに塩を振ると余分な水分が抜けて、グルタミン酸などの旨み成分が凝縮されるようになるだけでなく、身がしまってより一層美味くなる。焼く30分前には塩を振って冷蔵庫に入れておく。温めておいたグリルで焼き色がつくように丁寧に焼くとフワフワに焼きあがる。これをアツアツのうちにご飯と食べたい。


関連記事