雷から身を守るにはどうすればよいのか。

雷
雷は一回で一体どれほどの電気が流れるのだろうか。そして、近年、死亡事故も多発している雷についてだが、どのようにして身を守ればよいのだろうか。
 

雷が発生する原因って?

雷は上空にある積乱雲の中で氷昌と霰がぶつかりあり、摩擦されることで電気を帯びるようになっています。この摩擦による電気が一定以上たまると空気中に放電されるようになります。そして、その放電された雷は、電流は1000~20万アンペアで、電圧だと200万~2億ボルトとなっています。雷の成因についても見ていきましょう。

熱雷

強力な日射で地表が温められ、上昇気流が発生することによって表示されます。これは発生場所は限定され、ライフサイクルも短いものとなっている。

界雷

暖かいものと冷たい空気の境目で上昇気流が発生することで生じます。寒冷前線の近くで発生する典型的なものです。

渦雷

上空に冷たい空気でできた寒冷渦が接近して大気が不安定になることで発生する。

 

落雷があった際に身を守るにはどうすればよいのでしょうか。

落雷を防ぐための方法を頭に入れておきましょう。

まず、激しい雷が鳴り出したら高い木などから離れて、車やコンクリート建築の中に避難しましょう。もし隠れる場所がなかった場合は、できるだけ低い姿勢をとるようにします。

飛行機って落雷にあっても大丈夫なの?

現在の旅客機は改良されていて、もし落雷しても大丈夫なように放電装置を取り付けており、直ぐに重大事故に繋がるということはありません。ただ、そのようなことが極力おこらないように積乱雲を避けてフライトをおこなっています。


関連記事

大阪労働局が正社員2万人上積みへ…

100

2014年4月から11月の間は2位の東京都を引き離して、都道府県で最多の正社員雇用率を誇る大阪府だが、さらに20,000人の上積みを狙うべく、大阪労働局は2015年1月~3月にかけて独自のキャンペーンを展開している。 雇 […]

詳細を見る