アート作品の公募展が各地で開催!

アート作品の公募展が各地で開催!
様々な作品を生み出すアートの世界では、日々多くのコンテストや発表会が開催されています。今回はその中から「公募展」と呼ばれるものに着目してみましょう。

そもそも公募展とは?

美術館や芸術ホールなどで開催される展覧会の一形態である「公募展」。呼んで字のごとく公募、すなわち一般から作品を募集して行う美術展であり、ほとんどの場合、審査や受賞を伴っています。大きく分けて美術団体によるものとコンクール式のものの2種類に分けられますが、それぞれの性格は多少異なっています。

美術団体の公募展は、基本的に美術家同士の研鑽の場という性格の強いものとなっています。応募者はその美術団体の所属者、あるいは所属を希望する者であるケースが多いのです。志を同じくする若手美術家を美術団体が見出し、その成長を促す場といえるでしょう。

一方のコンクール式のものは、主催が企業や自治体など美術を専門としない団体であることがほとんどです。若手美術家の支援を目的とする点は美術団体と同様ですが、こちらはコンクール自体の受賞・入賞により重きを置いています。

公募展は全国各地で様々なテーマで行われており、出品者のみならず、一般層にも人気を呼んでいます。

2月から応募可能な公募展ピックアップ!

第1回国際芸術コンペティション「アートオリンピア2015」

募集期間:2015年2月2日~2015年4月17日(必着)

才能あるアーティストの発掘を目的に東京・ニューヨーク・パリを拠点に開催される、国際的公募展です。応募可能作品は油彩・日本画・水墨画・版画などの平面のものとなります。

東京拠点では、プロのアーティストを目指して今後も制作を続ける意思を持つ、18歳以上の日本国内在住者を対象に、一般部門と学生部門に分かれて作品を募集。金賞受賞者には一般12万ドル・学生2万ドルが賞金として授与される予定となっています。各拠点の入選作品は2015年6月13日から2週間、東京の豊島区庁舎で展示が予定されており、美術ファンにとって見逃せない展示会となりそうです。
 

第10回 中札内村北の大地ビエンナーレ

募集期間:~2015年2月28日(消印有効)

今回で10回目の開催となる、北海道の十勝地方に位置する中札内村で開催されるコンクール式の公募展です。18歳以上の日本国内在住者であれば、プロ・アマ・国籍など一切問わず応募が可能です。「北の大地」をテーマとして、四季折々の風景や人の暮らし、未来の子どもたちに伝えたい想い等からイメージされる平面作品を募集しています。大賞には賞金として200万円が進呈され、公共施設等で一般に広く展示されます。

アート作品は制作も鑑賞も楽しいものです。この機会に、新たなアートに触れてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】
【アートオリンピア実行委員会 公式ホームページ】
【中札内村 北の大地ビエンナーレ 公式ホームページ】


関連記事

次期プリウス40キロに燃費改善!?

car

数ある車の中で人気車種のひとつプリウスだ。 トヨタ自動車から発売されているプリウスはマイナーチェンジを行い、進化を行っている。 そのプリウスの燃費がさらに改善されて発売されるようだ。   エコカーとしてのアピー […]

詳細を見る