春の訪れを告げる!?春の長雨「菜種梅雨」って何?

菜種梅雨

花の色は うつりにけりな いたづらに
     わが身世にふる ながめせしまに 【小野小町】

絶世の美女といわれている平安の歌人・小野小町の詠んだ和歌の一つであり、小倉百人一首にも選ばれている有名な一首の中に登場する「ながめ」という言葉物思いにふける様子(眺め)と降り続く雨(長雨)を掛けており、春の長雨の間にすっかり褪せてしまった桜の色と、物思いにふける間に失ってしまった自身の美貌を重ねて詠んだ歌とされています。

春の長雨・菜種梅雨

平安の昔から桜の季節、すなわち現代で言う3月中旬から4月中旬にかけて、雨の多いぐずついた天気が続く事が多々あります。
「春の長雨」や、菜の花が咲く時期である事から「菜種梅雨」と呼ばれるこの現象は、一般的に雨の勢いが弱い事が多く水害をもたらす危険性は少ないものの、曇りや雨のすっきりしない天気が続くという特徴があります。

日本語には、桜に降り注ぐ雨を表す「花の雨」、桜が咲く季節に訪れる薄曇りの天気を呼ぶ「花曇」、桜が咲く頃に一時的に寒くなることを言う「花冷え」など、花(=桜)と天気を結ぶ言葉が多数存在しますが、暖かな春のイメージとは裏腹に曇天を指すものが多く見受けられます。

花の季節は天気が悪いという印象は、昔の人も持っていたようですね。

「菜種梅雨」の原因

季節が春に差し掛かると、冬の間に本州付近に留まっていた大陸高気圧の張り出しが弱まり、移動性高気圧が北に偏ることが多くなります。そして、この移動性高気圧の南縁に沿って、湿った北東気流が流れ込み、関東近辺がぐずついた天気に見舞われるのです。

また、太平洋沿岸に前線の停滞も起こり、ここを低気圧が通過することで九州から関東にかけての太平洋側に曇雨天が続きます。

こういった原因から、菜種梅雨は北日本には見られず、もっぱら西日本から東日本の太平洋沿岸にかけてみられる気象現象です。そして長雨が終わりを迎えるといよいよ本格的な春の到来となるのです。

季節の変わり目には天気がぐずつく事が多く、5月下旬ごろから梅雨の前触れのように降り続く「走り梅雨」、6~7月に豪雨・長雨が続く「梅雨」、8月下旬から10月にかけて訪れる「秋雨(すすき梅雨)」、11月下旬から12月上旬にかけての「さざんか梅雨」など、季節ごとに様々な名前がつけられています。

雨の日は気持ちが沈みがちになりますが、小野小町に倣って、言葉遊びで風流な気分を盛り上げてみるのも悪くないかもしれませんね。


関連記事

忘れられない看護エピソードを応募して20万円GETしよう!

info84

日本看護協会は2015年度「看護の日・看護週間」に合わせて、第5回「忘れられない看護エピソード」の募集をしている。 最優秀賞は20万円!2部門それぞれにチャンスあり! 「看護」に関する“忘れられないエピソード”を募集して […]

詳細を見る

カーシェア利用拡大に併せ高まるサービス。

car

車を買っても乗る日が週末が中心となり、ほとんど乗らないので持っていても勿体無い。そもそも車自体が高く、維持費も馬鹿にならない。都市部なので車はほとんど使わないなど、様々な理由からマイカーを持たない人が増えつつある中、気軽 […]

詳細を見る