あなたのアート作品が注目されるかも!?

芸術的な作品を創造するセンスはあっても注目されないと意味が無い。そんなあなたは、2015年は芸術作品を募集している公募に作品と想いをぶつけてみてはいかがだろうか。

あなたが作った茶陶を見てもらうチャンス!

資格不問で誰でも展示会に出展できるので、自分が作った茶陶を見てもらうチャンスだ。
これは次回で8回目となる土岐市織部の日記念事業 現代茶陶展というもので、桃山時代から続く焼き物を展示するというもので、今回は焼き物の新たな発展を求めての展開となる。また、作品は織部焼以外でも可とされている。
自分が持っているセンスを展示会に訪れた人々に見てもらえるチャンスだ。
申し込み締め切りは2015年2月14日(消印)となっている。

今あるものから芸術作品を生み出そう!

瀬戸内国際芸術祭実行委員会が主催を務める、瀬戸内国際芸術祭2016の作品の募集が始まっている。これは各会場の特徴を活かしたアート作品を期待されており、波止場や島の自然や歴史をテーマにしたものや、現地の食材を使った食プロジェクトなどのほか、自由提案部門も用意されている。そして、大賞に選ばれたら次回の芸術祭へのエントリー権及び作品の制作補助費として最高250万円が支給される。
アーティストにとっては非常にありがたい。締切日は2015年2月24日~2015年3月10日(17時必着)となっている。

想いを込めた陶芸作品で環境が変わるかも。

陶芸をいろんな人に知ってもらい、広め、また、陶芸作家を育てることを目的として、陶芸文化振興財団では、陶芸作品を幅広く募集している。
今年も伝統・茶陶・前衛・実用食器・インテリア・人形の全6部門からなっている。
過去の入賞作品を見てみても目を見張るような作品が並んでいる。
今回はあなたの作品が入賞するかもしれない。応募締め切りは2015年4月12日となっている。

それぞれの公募で自分の個性とセンスや想いを発表できるチャンスだ。この機会を生かして未来へ残る作品を生み出して欲しい。


関連記事

家事・買い物よろず相談をダスキンが開始!!高齢者支援を全国で。

相談風景

少子高齢化が続く中、注目されている高齢者ビジネス。 ダスキンは高齢者を対象とした支援拠点の全国展開を行い、家事代行などの既存サービスと高齢者のニーズを結びつける収益モデルの構築を行い、自治体などとも連携しつつ高齢者ビジネ […]

詳細を見る